<< 2/20 読んだ漫画(GJ、マガスペ、月刊YK、RED、YC烈) | main | ハハハ(苦笑しながら)ファンの間では、そういうことになっているようだ。 >>

2/22 読んだ漫画(週チャン、YJ、モーニング、ゴラク、スペ、YA)

週刊少年チャンピオン


「サクラノ嵐」
新連載。週チャンに新たなヤンキー漫画が誕生。
単にケンカが強い暴れん坊が出てくるだけの作品にならない様、石丸先生のこれからに期待してます。

「弱虫ペダル」
流石は主人公、最後にビチっと決めてくれましたわ。

「真・餓狼伝」
2回目。なんと言うかこの当時の人物らしくない、いかにも現代の若者風な喋り方をする丹波文吉。



勝負の場では講道館の実力者、有馬の馬乗りからのパンチを事も無げに交わし、そのまま相手の衣服を掴みながらの見事なスイープ。





そして腕がらみから躊躇無く相手の腕を折る圧倒的な実力を見せ付けた。



当時の柔術や柔道ではあり得ない様な高等技術をさらりと使いこなす丹波文吉。
つかどこでこんな技を習ったってんだろ。

もしや文吉の正体って、

世界最新の武術をマスターし、現代から明治時代にタイムトラベルしてきた未来人ッ!! だったりしてな!(単なる個人的妄想)


「囚人リク」
自衛隊員をどうやって警察の兵隊に鞍替えさせんだよw

「あまねあたためる」
今週はカラー&2本立て。



あまねちゃんの魅力はケツだけじゃ無いと信じたいがそれは無理な相談だて。


「名探偵マーニー」
マーニーの過去はオカルチックに彩られてる。

「バチバチBURST」
常松の終始押し気味な相撲はぜ〜〜んぶ王虎の手の平で転がされてるからって気がしてならない。

「いきいきごんぼ」
とっ、トリケラトプス拳ッッ!!!

「実は私は」
早くもみかんちゃんが至極便利なオチ要員に。

「スポ×ちゃん!」
先日ツイッターにて竹下先生自らのスポちゃん打ち切り報告があり昼間から愕然。
どうにも竹下先生の漫画は一旦試合に入るとガクっと人気が落ちる傾向にある様で。
残念ですけど最後までしっかりと応援させてもらいます。

「木曜日のフルット」
しょうゆ味のせんべいが頭に浮かんだ>味なマネ





ヤングジャンプ



「テラフォーマーズ」
ゾウムシじょうじ蛾ァ食いすぎ。

「ねじまきカギュー」



これはちょっと酷すぎるわ‥‥


「ミエリーノ柏木」
今回の依頼者ホンマ面倒くさい女だ。

「イノサン」
世の中には素手でライオンの首極める事が出来るレスラーもいるしまぁ大丈夫だろ。

「GOKUSAI」

948 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 18:56:32.10 ID:+/E41KjQ0 [1/2]

うわあああああああああ猿先生がノリノリだあっ





「わたしはキャワワワ!!」
えっ、次号最終回!?
打ち切り判断腸はえーよYJ編集部(ガッカリ)

「サムライソルジャー」
厭根組と影で繋がっていたのは、池袋が誇る悪のカリスマ黒澤修二。
ヤクザ連中は街に蔓延る悪ガキ使って一体何やらかそうとしてんのか‥。

「WxY」



テラフォーマーズコラボ以降益々面白くなってきたw
ナイスパウンド愛美ちゃん。


「ハチワンダイバー」
ジョンスが勝った方が物語もスムーズに進むんだろうけど、個人的には是非皆口姉に勝ってもらいたいんですの。

「ギャングスターアイランド」
腹ァ刺されていきなり鼻血ってそれなんてギャグ漫画。





モーニング


「コウノドリ」
新連載。育てていく自信が無いからって逆ギレされても困るんだよな‥。

「バガボンド」
米がないなら堂島ロールを食べればいいじゃない。

「クッキングパパ」
次に結婚すんのは誠かな。

「鬼灯の冷徹」
このまま一生花粉と無縁の生活が過ごせます様に。

「ジパング 深蒼海流」
義経イケメンやな。兄貴は今頃何してんだろ。

「ラティーノ」



釈ちゃん主演の機龍好きだった。


「ライスショルダー」
これは円(断言)

「特上カバチ!!−カバチタレ!2−」
こうやって嘘つき続けるうちに一体何が真実で何が偽物なのか自分でもよう分からんようになってまうんやな。





週刊漫画ゴラク


「白竜LEGEND」
新章バチカン編スタート。
スイス銀行が安全・確実ってイメージはやっぱりゴルゴの影響が大きいんじゃないかと思ったり。

「親玉´S<マスターズ>」
西山社長、ギャンブルの負けは素直に払うんだからそこはエラい。




かざま先生はこの漫画でこのセリフが言いたかったんだろなぁ。


「終のすみか」
新章スタート。こら年の差越えた中学生とのラブミッション開始の目も十分にありまっせ!!
つか出会い系サイトの確認で、本人かどうか確認する為免許書の写真送らなくちゃいけないなんて
どう考えてもおかしいと思うんですけど、実際その辺てどーなってるの?

「69デナシ」
刮目の最終回。最後綺麗に締めてる様で、色んな問題がまだまだ山積みになってるよね。
若返りの薬拾ったデブが何か悪いこと考えてそうで全然気が休まらないよ。



山本先生お疲れ様でした。


「食の軍師」
そば屋で抜きなんて頼むの宗達くらいだと思ってた。
つか鴨南蛮のつゆで酒を飲むって感覚がいまいち分からん。

「このゆびとまれ」
九九覚えんのに語呂合わせなんて聞いた事ねぇや。

「じこまん〜自己漫〜」
ジェル入りのサドルカバーは友人にあげた。最初はあれなしじゃまともに走れもしなかったなぁ
‥(遠い目)
ちなみにパンク修理は一度もした事ない(パンクした事が無い)&すね毛なんて剃ってたまるか。

「酒のほそ道」
斎藤ってこんなニブチンやったんか‥幻滅しました。これからは大町さんのファンになります。

「闘う執事」
最終回。正直大して面白いって漫画じゃなかった。
東條先生の次回作に期待しますお疲れ様でした。




「浅草人〜あさくさびと〜」
フワフワツルツルビロード卵‥裏ごしするだけでそんなに味って変わるもんなのか。



どうやらこちらも今回が最終回らしい。小川・鍋島両先生お疲れ様でした。


「ミナミの帝王」
自宅の場所知られてるってだけで相当な恐怖。
でも別に会社勤めしてる訳でもねーんだしそんなビビらんともいい気がするぞこのオッサン。





ビッグコミックスペリオール


「機動戦士ガンダム サンダーボルト」
コアブロックシステムの役に立たなさは異常。

「かびんのつま」
あきやまひでき新連載。初回だけみるに単なるメンヘラお嬢さんって気がしないでもない。
つかこれ面白くなりそうな予感がビンビンする。奥さんは結構有名なネットアイドルだったのかしら。

「アビル少年映画を作る」
読んでて会話のテンポが悪い。

「トンネル抜けたら三宅坂」
最近のエロ漫画は大抵アヘ顔と性器断面図にザーメンビュッビュがセットになってんのがデフォだから、どうしても読んでて飽きがきちゃうんだよなぁ。
最近よかったのは大道いむた先生。




「オンナミチ」
3頭身オバちゃんきめぇ☆

「ハイスクールばっかちゃん」
単行本で作者確認したけど結構可愛い顔してる。

「スプライト」
接近戦になったら相手側の数に飲み込まれちゃうんじゃないかと戦々恐々。

「味いちもんめ(番外編)」
伊橋が戻ってくるまでちゃんと店残ってればいいけど‥不安だ。

「西原理恵子の人生画力対決」
今年初めの新日ドーム興行で来日してたところにオファーしたのかな。
サップの絵見てるとすげー不安になってくるw








ヤングアニマル


「東京闇虫−パンドラ−」
第二部新連載スタート。加藤はやっぱあの交差点で殺されちゃったのかな‥合掌。
今後は実写映画化の情報も要チェキ。

「自殺島」









セイの言いたい事、すげーよく解る。


「3月のライオン」
たまこまーけっともこれくらい切羽詰った感出せばいいのにね。

「SE」
此ノ木よしる新連載。今のオナホってPCに繋いでニョインニョインできちゃうんか。



ちなみにおいくら位するんでしょこの商品。


「マイぼーる!」
試合に向けて全員のポジション発表。



舞ちゃんが期待されてるのは前線でのポストプレイなのね。


「ワイルド・ハニー・ワールド」
メガネちゃんが一番の腹黒キャラ。

「君の中の思考少年」
いやこの子単なる腐女だから心配しなくていいって。

「めいどぐらし日常版」




キン肉メイドライバー。



at 03:11, アイリーン, 漫画雑誌 2013年2月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター