<< 2/4 読んだ漫画(ジャンプ、スピ、ヤンマガ) | main | 2/6 読んだ漫画(GJ) >>

2/5 読んだ漫画(漫サン)

漫画サンデー


・土山先生が急病の為「胃食・道源」が休載。4号連続掲載の予定だったが、果たして次回の最終号にはきちんと掲載されるのだろうか。
ちなみにアクションの「闘飯」もお休みでした。当然っちゃ当然か。


「女王の穴(クイーンズ・ホール)」



フランスからのタイムスリップ先は祖国日本の戦国時代。最後のお相手は淀君ですか成る程ね。
こちらは次回で最終回。


「フィジカルコーチの憂鬱」
一番近くで選手を見てるコーチの判断が一番正しいのは当然なワケで。
サッカーの憂鬱シリーズもこれが最後になるのかなぁ残念無念でやんす。

「吉祥寺★パラダイス」
正直元カノ含めたメイン3人の顔の区別が付きません。
次回最終回のお知らせが無いという事は、別雑誌で継続かwebで続きやるって事でしょうかね。

「極寿司」
冬の山形での出張握り。温泉フグって他の漫画で聞いた事あるような無いような。
フグの調理師免許って案外メンドくさいのね。

「をのころん」
店員人間なんて見た事ねぇけどホントに存在してんのかよw こちらは次号最終回。

「本日は休診」
あんだけ綺麗に首吊ってて死んで無かったとか最早ギャグ。

「トリガー」
自分の親父を殺したトリガーの正体がまさか自分の彼女だったとはなぁ‥。

「ほな、また明日!」
昭和の熱い大洋dis。

「シンクロ」
こちらも最終回のお知らせが無い様なので継続確定かと思われ。

「蒼太の包丁」





これは雅美ちゃん正ヒロインフラグ。


・今回の特集は「絶品!真冬の地元めしツアーズPART2」と題して作者の地元に纏わる料理を紹介。


「きりたんぽ鍋とクジラかやき」
倉田よしみ作。味いちもんめの伊橋&ボンさんコンビが漫サン初登場。
味いち本編ではあまり秋田に関係するお話は無かった記憶。じゅんさい回くらいか?

「にいがた極私的麺紀行」
小川悦司作。青島ラーメンとへぎそば、両者とも名前は聞いた事あるけど実際食べた事は無い。
ナポリタンって名古屋だけが有名じゃないんだね。

「琵琶湖の恵み 〜おもひでの郷土めし〜」
井上いちろう作。鮒寿司はマジで一度チャレンジしてみたい郷土料理。

「イタリア生活、始めました。」
水野トビオ作。旅行でイタリア行ったんじゃなく今あっちに棲んでんの?
そういや最近パチンコ雑誌でこの人の漫画見かけなかった気がする。






・次回で漫サンも最終号。新田先生も特別に登場するとの事で今から楽しみ。



at 00:21, アイリーン, 漫画雑誌 2013年2月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター