<< 今日はリアリティを追求して幼稚園の前で名古屋団地をPSPで見てたの | main | 1/4 読んだ漫画(ジャンプ、YJ、GJ、月マガ、月チャン) >>

12/31 読んだ漫画(近麻)

近代麻雀


「アカギ」




もうやめて!鷲巣様血液(ライフ)はゼロよ


「むこうぶち」
安永さんが何で昔の牌譜読みたくなったのかが一番の謎。
みんなでパズルの謎解き楽しそうやな。

「鉄鳴きの麒麟児」
ギャンブルに流れはあると思います。

「バード-雀界天使VS天才魔術師-」
不破のダミー牌トリックをバードが解析。
んでも牌を2つ積んだ状態でのパームってどう考えても無理じゃね。

「麻雀小僧」
決勝ラウンドに主催者の三好、さらにはレジェンド田村も緊急参戦。
こんだけの実力者が揃っちまうとまー坊の優勝の目がますます薄くなっちゃうよぅ。

「ムダヅモ無き改革 -血戦!!尖閣諸島沖波高シ!!-」
中国行ってる間に作中でも政権交代すんのかね。
オマケ漫画わろたw




「牌龍-異能の闘牌-」
唐突な一八先生パロw つか「龍殺魔龍(キラー・インサイド・ミー)」がどんな能力なのか気になる。

「ぴんきり〜麻雀銭道〜」
これは知美ちゃんのファインプレー。気遣いひとつでみんなの幸せゲットだよ。

「雀術師シルルと微差ゴースト」
自分のスタイル貫き見事決勝進出。最後のコマは多分鍵泥棒のメソッドへのオマージュ。

「リペアマン 修繕屋」
後編。オカルトかと思えばSFだった。面白かったけど多分続編はないだろ。





・さて2012年の更新もこれが最後。当ブログを見てくださったみなさま、今年一年本当にありがとうございました。
来年もみなさんの暇潰しのお供に、漫画やアニメ、フィギュアなんかの適当感想を続けていこうと思いますのでどうぞ来年も楽しみにしてて下さいませ。
ではではみなさんまた来年&勃起ちんこもげろ!(スタイリッシュ忘年の挨拶)




at 22:31, アイリーン, 漫画雑誌 2012年12月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター