<< 12/4 読んだ漫画(漫サン) | main | 【フィギュア】 閃乱カグラ -少女達の真影- 雲雀 【ファット・カンパニー】 >>

12/5 読んだ漫画(GJ、月マガ、月チャン)

グランドジャンプ


「漂えど沈まず」




読切が好評だったのかプレ新連載としてGJ再登場。
コップ喰いはかの力道山が人前でよくやってたって男の星座で知ったな。
つーかガラス飲み込んで内臓は大丈夫なんだろうか?

「瞬きのソーニャ」
二号連続掲載の後編。やっぱあの2人が囮だったかー親切心が仇になっちまったなぁ。
そろそろストック貯まっただろうからはよ単行本出してくんないかなぁ。

「ホタル-遺言弁護士・真崎事務所-」
原作:城アキラ、作画はGJグランプリ二位を獲得したワカサ・ショウ。ベテランと新人コンビの新連載がスタート。
タイムリーな話題でなんだけど、中村勘三郎もちゃんとした遺言残してたんだろうか‥。
漫画はキャラと題材が地味だし初回としちゃこんなもんかと。

「霊媒師いずな」
様々なSNS全盛の今ならこんな新たな都市伝説が生まれてもオカシクねーわな。




こんなババアに迫られたらそらインポにもなりますわ


「およしになって!蘭丸さん」
こっちで連載始まったからか知んねーけど
邪心ちゃん休載してんじゃねーですよまったく!!
今回から新キャラくの一・灰音ちゃん登場。




泣きながら客に暴力振るう蘭丸さんに胸キュン☆


「ビーマイファミリー」
特に変わった事なんてしなくてもいい。あなたはそのままで愛される価値があるんだ。

「妹のジンテーゼ」
敵にあと一問答えられたらゲーム終了という土壇場で、自チームのお荷物(?)夕香が突然の超覚醒!
この流れに乗ったまま最終問題へと突っ走れもんかいチーム!

「怨み屋本舗 REVENGE」
マジでこんな簡単に他人のアカウント乗っ取れるの?ツイッター腸こわい。





月刊少年マガジン


「RIN」
ハロルド作石の新連載は漫画家を目指す少年が主役の漫画家マンガ。
舞台はどうやら名古屋らしい。原稿投げ捨てはまんが道へのオマージュ?

「修羅の門 第弐門」
2部で飛田さん大分痩せたなーと思ってたら今回きちんと説明(ヒザへの負担を減らすため減量)してくれたんでよかった。
そして最後、あの場面でのクラウザー登場は修羅ニストならばクッソ上がらずにはいられねぇ!!
ビバ!プロレス!

「鉄拳チンミ」
連載30周年おめでとうございます!
んでも同じ講談社で一歩は1000回記念で著名な漫画家から似顔絵描いてもらえるのに
チンミはマイナーなファンみたいな人からしか応援メッセージこないってのはちょっとヒドイと思うの。
チャー・シュー・メンって最初期から登場してたキャラだったのね全然知らんかった。

「なんと孫六」
強って孫六の女房やってる内に捕手としての能力めちゃくちゃアップしてんじゃねーのかな。






月刊少年チャンピオン


「かみさまドロップ」
みなもと悠新連載。
爐箸弔爾鷆からハダカの女の子が現れた系萌えハーレム(?)漫画。
ヒロインが神様ってだけでなんとなくかんなぎっぽいな、と。コッチの神様は悪っぽいけど。


「WORST」
七人会と戸亜留市代表勢との初戦、まずは鈴蘭・花が圧勝。そして次なる勝負は鳳仙・光政が七人会・阿南と対決!
両者拮抗した戦いだったが、最後は光政の飛び膝蹴りで戸亜留市側の2連勝。
だが次の勝負では河二の世良が七人会・中野に負傷した腕を狙われあえなく敗退。
星を2勝1敗としたところで、次の勝負は百合南のアボが登場。見事親友・世良の仇を取れるのか注目。

「オイ!!オバさん」
オッサン言われただけでキレ過ぎィ!

「弾丸タックル」
2回目。うーんこの。



at 00:39, アイリーン, 漫画雑誌 2012年12月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター