<< 7/18 読んだ漫画(漫サン、近麻、GJ、YC烈) | main | 7/21 読んだ漫画(ゴラク、マガスペ、リュウ、月刊YK、RED) >>

7/19 読んだ漫画(週チャン、YJ、モーニング、サンデーGX)

週刊少年チャンピオン


「バーサスアース」
新連載。怒れる大地vs人類。
科学のチカラでどんだけ自然に対抗できるのか楽しみ。

主人公&隊員は全員何らかの特殊能力持ちなのかな?

「囚人リク」
童貞率たっけーなオイw

「弱虫ペダル」
まぁこーならなきゃ何の為の主人公だよって話ですよね。

「パンダのこ」
猫なんかも親猫がおしりペロペロする。

「範馬刃牙」
残り4回。勇次郎との激闘の末心身ともにボロボロに朽ち果てたバキ。
もう一回立ち上がりそうな雰囲気あるけど、板垣先生はこっからどんなオチをつけるんだろうね。

「バチバチBURST」
あの見るからにダメそうな力士は一体何の役に立つのかね?

毎度!浦安鉄筋家族」
小鉄の夏休みパワーマジすげぇ!でも来週には何事も無く元に戻ってそうw

「スポ×ちゃん!」
そーか武器の持ち手からして反対なのか。
横面なんて技は剣道に無いから経験者は慣れるまで大変だろうなぁ。

「空が灰色だから」
とっても素敵な友情話。こーゆーの好き。

「ガキ教室」
いつのまにか親身に子供たちの事守ってあげてるんだよね。
地味だが毎回面白い。さすがは小沢先生やで。

「てんむす」
あれ‥あっさり勝負付いちゃったんすけど‥‥


何この不完全燃焼な最終戦(憤慨)

最近のてんむすは何だか迷走してんなぁ。

「シュガーレス」
やっぱマリモの勝ちか。岳よりマリモ対シャケが見たい俺。

「りびんぐでっど!」
「さくらDISCORD」
両方ともに最終回。この二つはあまり熱心に読んでなかったけどやっぱ終わるとなるとチョット寂しい。
両先生お疲れ様でした。





ヤングジャンプ



・ロンジコーン突然のWEB島流しワロタw 

‥段々面白くなってきた所だったのにな‥
(´・ω・`)


「キングダム」
ファルさんちょっとだけ死亡フラグの悪寒。

「GANTZ」
アレとやってる見開きページでお口あんぐり。インパクトだけは凄かった。

「サムライソルジャー」
桐生がいくらさそっても新ちゃんは多分拒否するよね。

「WxY」

ネタパクリはご法度。

「TOUGH -タフ- 」
最終回。19年に及ぶ一つの歴史がここに終幕。
四天王が大工してたりジイちゃんがいつの間にか死んでたりと最終回も色々突っ込み所満載でしたが全く問題ナシ、正にこれぞタフって終わり方でした。満足満足。
猿渡先生長い間本当にお疲れ様でした次回作もめっちゃ期待してマッスル。



492 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/07/20(金) 00:39:17.77 ID:ISxiNsvAO

初心者「しゃあ!入門希望」


ガラッ


喜一、覚悟、宮沢三兄弟、幽玄四天

「ロミ男へようこそ!ジュリエット」



「ニポンゴ」
ロシアと中国以外の娘もイジって欲しい。

「ハチワンダイバー」
本当に本物の名人なのかな?それとも名人クラスの力量を持つ真剣師とか?

「天才子役 神園誠之助-この手で夢を掴むまで
-」

読切。すれっからしの子役にクスリ。こーゆーネタ俺大好き。










モーニング



「少年 島耕作」‥? そうかこの手があったか!

「社長 島耕作」連載150回記念。今回は島さんの少年時代の初恋を描く。オイも博多娘と恋したかとよ。

「バガボンド」
自然に学ぶ武蔵流。

「主に泣いてます。」
仁さん息吹き返した!このまま死ぬかフェードアウトかと思ってましたよ。

「東京ヘビ女物語」
新連載。この蛇女って前にも同じ設定でモーニングに読切掲載されてた気がする。多分同じ人。
つーかこの加藤ヒロシってPNまんまビーバップのヒロシじゃん!?
これ描いてる本人
はこれで良かったのかな‥いや本名なら仕方ない(?)んだケド。




「う」
歳取ると尿酸やらコレステロールやら気になるんだよ!

「グラゼニ」
新キャラ登場。
打撃や肩も重要だけどやっぱキャッチャーで一番大事なのはリード能力だよね。

「へうげもの」
まさに太平、これぞ徳川が望んだ理想の国。新章・江戸時代編スタート。
この頃になると織部も大分出世してるみたいね。

特上カバチ!!―カバチタレ!2―
今回から世間的にとってもタイムリーなネタ、いじめ問題編開始。
あの女子高生、完璧に逆恨みやん!


「ReMember」
最終回。うーーんとね、
龍治は結局このままじゃモナコに敵わないってんで猊下のスキを突いて無理矢理エバーランドに引っ張り込んで自爆したって事でいいのかな?かな?よくワカラン最後だった。
最初の頃は蒼天に負けず劣らずなスゴイ漫画が始まったーって喜んでたんだよなぁ‥懐かしい思い出だわ‥。
リメンバーもファイアキングも失敗した今なら言える。やはり欣太先生は原作か元ネタある作品の作画担当って事じゃなきゃ面白い漫画描けないんだよ!いやマジで。
つー事で次の作品はどなたか有名な原作者とコンビを組むなんてのは如何でしょ?例えばブロンソン、例えば小池せンせい辺りのビッグネームとか。










サンデーGX



「東京カラス」
すげー優良店じゃん!>ファウストフード
ハンバーグの材料に牛や豚やら使うのは単に味がいいからって事だけじゃないのね。それが一番適してるから。

「デストロ246」
ふとしたきっかけから突然出合った殺し屋三組。
そして始まる女子会の名を借りた三勢力によるゴロの撒き合いにらみ合い!

猝軌媼韻忙Δ群阿鮟犬瓩討靴泙η塾廊ってこれ程欲しくない能力も珍しいわなw

「REC」
カセットに録音した自分の声聞くだけでも恥ずかしさのあまりビクンビクンてなっちゃうのに‥声優の役者根性ってやっぱスゲーわ。


「桃源郷へようこそ!」
原作イダタツヒコ、作画
水谷麻志コンビの短期集中新連載。
原作者が原作者なだけに題材はやっぱりオカルトですか。
温泉宿が舞台で化物の類が出てくるって事で千と千尋に似てるなぁってのが第一の感想。


「浜田ブリトニーの漫画でわかる萌えビジネス」
今回は萌えミュージック市場について。
音楽業界が昔と比べめっきり元気が無くなってる昨今でも、ターゲットを絞ってきっちりチャンス掴めば売れるモンはちゃんと売れるんだってのがよく分かった。


ただでさえ天使のミクが感情という翼を持ってうんたらかんたら
ってフレーズ最近見なくなった気がする。







at 07:22, アイリーン, 漫画雑誌 2012年7月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター