<< 7/14 読んだ漫画(ゴラク、スペリオール、YA、ゲッサン、ジャンプ、スピリッツ、ヤンマガ) | main | 7/19 読んだ漫画(週チャン、YJ、モーニング、サンデーGX) >>

7/18 読んだ漫画(漫サン、近麻、GJ、YC烈)

漫画サンデー


「シバのヨル」
主人公は己の欲求満たす為人体実験してるけどあの女は仕事でやってんのかな。


「シンクロ」
警察に二人の正体割れたら一緒に事件捜査とかすんじゃね。
後は武闘派キャラ登場させればチームとして完璧。

「狙われた病室」
主人公結構したたか。これ記憶無くす前は知能犯だったとかのオチかな?


「をのころん」
財布に3万は入ってないと入店する気になれん>キャバクラ
もちろんおっぱいガン見はデフォ。だってそれも込みでの料金でしょうが!





「トリガー」
まぁ予想した通り医師がクズ。こんなんせず風俗池とは思うんだがこれがコイツの性癖なんだろ。

「カナデのソラ」
新連載。なんだけど‥実はこれ、あの『創刊当日即廃刊』というちょっとした伝説残した曰く付きの漫画雑誌
「コミックキューガール」が初出なのです。
雑誌廃刊の呪いを乗り越え今回無事日の目を見る事に。お蔵入りされないで良かったね♪

まぁ最初からパチスロありきの企画物って事でそのままポイすることも出来なかったてのが真実かと。


「ほな、また明日!」
学校で飲む牛乳はぬるいからマズイ。

・今回は「ロンドン五輪直前 スポーツ漫画大特集」としてスポーツ漫画大集合。

「空のキャンバスGold」
只々懐かしいの一言。今泉先生ってーとやっぱタンコブだよねー。

「代表料理人の憂鬱」
サッカーの憂鬱シリーズ最新作。選手のコンディション整える為には旨い料理は欠かせないですもんね。
まさに狄は人生の一大事


「試練〜瀬古利彦物語〜」
当時のスポーツ界は根性論が当たり前だったから仕方なかったってのもありますわなぁ。
それと比べればいい世の中になったもんだ。あとたなかじゅん先生久しぶりに見た。







近代麻雀



「バード 〜雀界天使VS天才魔術師〜」
そろそろクライマックス。でも姉妹のトリック全然分からんわ。
不破のちんこまァすごい。

「鉄鳴きの麒麟児」
うーん全員が同じ目的で打とうとしなければこの勝ちはあんまり意味無いんじゃ。

「ろんばけ」
月イチゲスト最終回。妖怪の能力しょぼすぎ。なんやこの雑魚共。

「ムダヅモ無き改革」




ぴんきり 〜麻雀銭道〜
ゴト師騒動無事解決。弱いものはとことん骨しゃぶられるんやなぁ。

HERO-逆境の闘牌-
対面に座れなかったら意味無いな>フライングパイ

「ホリエ戦記 K24S EPISODE1」

『僕の未来に1000万円投資!』
『未公開株リーチ!』

なにいってだこいつ

「麻雀小僧」
ゴローつおい。

「むこうぶち」
初手のツモで終了かと思えば1人のロン上がりをきっかけに永遠と続くかもしれない特殊ルール。これ結構奥深くて面白い。











グランドジャンプ



男樹〜村田京一〈四代目〉〜」
こいつが目指す先はヤクザの一大組織なの?

「甘い生活 2nd season」
そうか事務員いなきゃダメだよね。

霊媒師いずな Ascension」
最近のペット事情鑑みるにこんな事あってもおかしくないかも。
なーんて珍しくオカルト肯定。

「Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁」
ロリ所長誕生。

「トモダチ大作戦」
ジンさん多分騙されてるよね。

「さくら音楽隊」
えっ、どーやって現代に戻ってきたのか一切の説明ナシ?馬鹿にしてんの!?


「まじカライズ」
今回から四号連続で
『第1回Good Jobマンガグランプリ』なるコンテストを開催。読者からの人気があった作品は連載権獲得らしい。
で、こちらが一発目。原作・つながみ、作画は成人漫画描いてるいのまる。
絵は上手いしおっぱいや破れストッキング等のサービスは文句ナシ。でも漫画として面白いかといえば‥‥普通、かな?

次回登場の「水族館のカメ」の作画担当:ワカサ・ショウは玉井雪雄の元アシだそうで。


麺活!! ×ぶかつ麺!
二郎でスキヤキって何それこわい。

「妹のジンテーゼ」
キンシャサの奇跡は確かにアリの作戦勝ちなのかもしれないけど、常にロープを背負い続けるこの戦法は単にアリの衰えからくる苦渋の選択だったのでは‥‥なーんて素人妄想。




若い頃のアリは最高にかっけーな。
ちなみにウィル・スミス主演の「アリ」は公開当時映画館へ観に行ったけど大して面白くなかったなぁ。
その時の1回しか観てないんだが今見たら評価変るかな?

「怨み屋本舗 REVENGE」

今まで登場したキャラ同士が様々な点で結びつき過ぎてなんだか混乱してきた。
とりあえずヤンキー娘ざまぁ。








ヤングチャンピオン烈


「らぶゆ!」



千歳ちゃんと遂に一線越えちゃった‥。

うーん百ちゃん大好きな俺としては百ちゃんが失恋して悲しむ姿は見たくないなぁ(´・ω・`)



恋してる百ちゃんテレかわいい。


「ばくおん!!」
表紙はモトグッチ
V7レーサー。誰がなんと言おうとエンジンはV型こそが至高。
そうだよ観光じゃなくツーリングに行ったんだもん!何言われようが気にしちゃダメ。
日焼けした凜ちゃんカトーマスク装着してるみてぇ。




「ガールズトラップ」
恩田チロ読切。
これ中身完全に成人指定漫画じゃねーか(笑)こんなの青年誌載せて大丈夫なのかちょっと心配。
まぁ主役の娘がポニーテール&ビッチっていうどストライク編成だったんで俺的には大満足なんすけどね。

「ブラック・ジョーク
またまた手抜き掲載。もう癖になってるよね。
吉良達はもしかして捕まっちゃったのか?そんでジョニーが何かしらの情報を掴んでると。
ランオーバーまでもが出張ってきた理由は次号明らかに。

「すもものおもちゃ」
やっぱ女もオナニーするんだよ(真剣)

「お気に召すままご主人サマ」
メタネタわろたw



最後はやっぱリンとの結婚END?


「BUPPAなビッチーズ


バリリドムisミスフルスインガー。






「青春ポップ!」
現代版マッチ売りの少女。彩乃ちゃんの笑顔が怖重いよぅ。

trash. 」
あーこんなのいたなそういや>ヘル=モスキート

抱かれたい道場

祝・「抱かれたい道場」単行本発売決定!

いやーこれも熱心なファンの熱い声援のおかげですね、中川先生おめでとうございます!

ちなみに今月から中川ホメオパシーのネタ担当、的場先生(ブロッケン氏)による80〜90年代のオタク事情解説コラムもスタート。

その名も「さわやかGスポット」!
 

こんなんでいいのか烈編集部w

そーいや俺ルナ先生で抜いた事ねぇかも。いや当時は月刊ジャンプ派だったもんで。


今回一行が向かった先は太陽照りつける真夏の海!
誰もがうらやむ抱かれたい男としてひと夏のアヴァンチュールを体験しようとしたノボル君&新人マー君なのですが‥




ノボル君の目が死んでんでんでんでw


次号は単行本発売記念の一挙二本立掲載との事。







イルカならぬダッチにのった中年オチ(笑)





at 00:35, アイリーン, 漫画雑誌 2012年7月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター