<< 6/26〜30 読んだ漫画(月スピ、週チャン、YJ、モーニング、ゴラク) | main | 7/5 読んだ漫画(週チャン、YJ、モーニング、GJ、ライバル、月マガ、月チャン) >>

7/3 読んだ漫画(ジャンプ、スピリッツ、ヤンマガ、漫サン、近麻)

週刊少年ジャンプ


「暗殺教室」
新連載。めっちゃ面白って訳ではないですがそれなにり楽しめるかと。
銃オタがによによ出来る漫画になれば嬉しいな。

ONE PIECE
火や炎に特化した剣士って活躍所限られると思うんだけどね。
ゾロとのタイマン後仲間になる可能性が‥いやでもブルックも居るし剣使いそんな要らんか。

「トリコ」
裏切り者は光彩老と予想。
さて一体誰がワゴンになるのやら。






「ニセコイ」
『新キャラ登場=テコ入れ』と勘ぐってしまう。
既存ヒロインだけじゃ足りなかったのかな。

「NARUTO-ナルト-」
そーゆーのもういいから。

「めだかボックス」
宇宙行ったらうかつなパンチラ見れなくなる事が一番心配。








ビッグコミックスピリッツ


「アイアムアヒーロー」
ブリーフいっちょてめちゃくちゃ危ないじゃん>感染

「ラストイニング」
打者一人一人それぞれ違うタイミングで投げるって、簡単そうに思えるけどかなり技術いるよね。
番長の二段モーションを禁止したNPBは絶許。

「おかゆネコ」
芋粥って山芋原料なんか。
うーんウチの親は一度も手作りおやつなんて作ってくれた事ねーなぁ。
少なくとも自分の記憶がはっきりしてからは無い。


るみちゃんの事象
近々行きつけの床屋が閉店するってんで今すげー難儀してる。
毎回いつもので通用してたからめっちゃラクだったのに。

「闇金ウシジマくん」
新章スタート。今回は犧С茱好團螢船絅▲觸瓩主役。
しょっぱなからOUT連想しちゃうシーンで微グロ注意。

「このSを、見よ!」
親父とあの娘繋がってたのか、うーん呉越同舟。
そして次回から親父過去編が。

「明日にはあがります。」
今ならアマゾンで490Kですってよ奥さん!これはとってもお買い得!




かもめ☆チャンス
今回のレースも強敵揃い。チーム内は未だバラバラのBSの未来はいかに。
最近梶くんの出番無いのが寂しい。






ヤングマガジン



「監獄学園」
幸運(ティクビ)を呼ぶパイ毛。

「サルチネス」

古谷先生いい加減おかしな奴に興味持つサブカル女出すの止めちくり。
こーゆーの見るたび胃が痛くなってたまらんのよ。

「なにわ友あれ」
未だ体バキバキのテツに一仕事終えたばっかのパンダ。
だけどここで逃げたら一生の笑いモンやでぇ〜。

「砂の栄冠」
高校生離れした七島とそれを見抜くお姉さん。
これは夜の銀座ほんにゃらな恋。




「8♀1♂」
眼鏡が十馬身差つけて独走態勢。こら縮まらんで。
 
「R-中学生」
現実でもこんな感じで知り合い同士同じ学校派遣されたりすんのかね。

「ワイルドチェリーナイツ」
今回ふつーにギャグ漫画してて笑った。





漫画サンデー


「狙われた病室」
ふむ、事件が起きてこれからが本番ってとこですかね。
こーなると記憶喪失少女の過去が気になる。

静かなるドン
三代目単身ヨーロッパへ。残された
鳴戸、龍宝らはどう動く!?

「シンクロ」
確かに女性の電車内での化粧は気になる。だけどこれって結局自分のウサ晴らしてるだけだよねぇ。

「シバのヨル」
意外とコイツ自制効かないタイプだな。


「龍帝〜DRAGON EMPEROR〜」
三把刀か、初めて聞いた。

「しすとも」
シスターと友達って意味もか。


「をのころん」
コンビニでポン引き。

「放課後の拳銃」
最終回。最後の黒パンが成長の証か。

「チャリング【自転車女子物語】」
最終回。
単にライオンじいちゃんめっちゃいい人で終わった。すげー消化不良。

今回は人妻のアブない体験特集。雅亜公、片山誠ともにエロ面白でした。
人妻落とすに母性愛をくすぐるってのも有効なのね。まぁあれはレアケース中のレアだろうけど。





近代麻雀



「むこうぶち」
連載300回記念巻頭カラー。今回は過去にカイと対戦した人たちによる人鬼回顧録。
懐かしい面々もいればコイツ誰だっけなお人も多数。
最後のあれはマスターがカイの事知らなかったんだろうね。

「バード 〜雀界天使VS天才魔術師〜」
今度は一転、バード怒涛の大反撃。
姉妹のガン牌トリック、多分2人だけが何の牌か分かる塗料でも付いてるんじゃないかと。
それを特殊コンタクトで判別してるのでは?

「ムダヅモ無き改革」
タイゾー中断し過ぎ。誰かにピンチ入ってもらえよ。

「鉄鳴きの麒麟児」
咄嗟の判断で無事2着キープで終了。
勝つためにはその場のルールにより戦い方変えなきゃいけないんだから中々難しい。

『天鳳はラスを押し付けるゲーム』ってどっかでも見たな。打った事ないから詳しくは知らん。


ぴんきり 〜麻雀銭道〜
コンビ打ちの定番爛痢璽謄鵐蝓璽銑
こっからどうやって不正をこじ開けるのか楽しみ。


「麻雀小僧」
社長からのテストを無事クリアしたまー坊。
次の試練は負けが込んでる米津に見事一着を取らせる事。
またまた舞い込んできた難関を無地クリア出来るのか‥。

しかしこの勝ち頭‥どっかで見た事あるような‥



あっ、



コイツ
「STRONG?」の五郎じゃねーかっ!!




名前は変わってるが過去作からの主役登場とはファンには嬉しいサプライズ。


「3年B組一八先生」
またまた登場錦ソクラ。現実なんてそんなもんよ。

「病葉流れて-泡沫の闘牌-」
最終回。これといった盛り上がりも無く終わったって感想。主役も敵役も地味すぎた。
橋本先生、またいつか別の原作者とコンビ組んで近麻に戻ってきてくださいな。お疲れ様でした。







at 20:22, アイリーン, 漫画雑誌 2012年7月

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。

ケアプロスト アプリケーター